2015年07月22日

マフラーから白煙が出る場合の対処法

ガソリンエンジンのトラックにお乗りのお客様でエンジンオイルの減りが早いという事でご相談いただきました。

エンジン外部には漏れは無く、白煙が出てますので内部で燃焼しています。冷間、温間関係なく出てますし走行距離も20万キロオーバー、さらに今までのオイル管理は悪いという状態ですので根治させるにはオーバーホールもしくは載せ替え等が必要でしょう。

ここまでひどいと焼け石に水状態ですが、もっと軽度のオイル食いの場合エンジンオイルの粘度を上げることでオイル食いのスピードを遅くすることはできます。
簡単に言ってしまうと、硬いオイルを入れることでバルブシールなどの隙間からオイルが侵入するのを防いでやるわけですがね。

メリットとしては
大掛かりな整備が必要なく、費用が抑えられる。
作業的にはオイル交換又は補充だけなのでDIYでも可能。

もちろんデメリットもあります。
基本的にごまかしである。(修理ではない)
粘度が上がり抵抗が増えるので吹け上がりのフィーリングや燃費が悪化する。
選ぶ粘度によってはオイルの値段が格段に上がってしまう。

乗り換えまでごまかすには悪くない手段だと思いますが、まぁオイル交換は定期的にしましょうって事です(笑)

当社ではオイル交換時に予防策としてワコーズのエンジンパワーシールドの添加をオススメしてます。
こちらですね。

ワコーズ EPS エンジンパワーシールド オイル上がり・下がり・漏れ防止剤 E171 280ml E171 [HTRC3]



オイルシールやガスケットを膨張させ漏れやにじみを防止、特殊なポリマーで摺動部に油膜を形成します。
オフィシャルには書いてないと思いますがオイルの粘度も少し上がりますね。

ポイントはあくまで防止であるという事。漏れ止材ではありません。漏れる前にオイルに混ぜて入れてください。
特に輸入車にお乗りのお客様はほぼ100%お使いいただいてます。
オイル交換ごとに入れなくてもいいので毎回入れる様な性能向上剤よりもお財布にやさしいのもポイントです。


さて前述のトラックですが粘度を上げようと思ったのですが現在の5w-30から10w-40にするとオイル自体の値段が格段に上がってしまいます。(当社で取り扱ってるオイルでは。ですが。安売りオイルはわかりませんよ)

ので、お客様にご説明の上、ダメもとでエンジンパワープラスを添加した5w-30でオイル交換させて頂きました。
結果、今までよりもオイル補充のスパンが1ヶ月近く伸びたとの事です。まぁこれは正しい使い方ではないのでたまたまかもしれませんが、ある程度の増粘作用はあるようですね。

興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?



posted by セイビシ at 19:31| アイテム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワコーズ パワーエアコンプラス

1年以上ぶりの投稿とは…我ながら情けないです。

さて、暑さが本格的になってきましたね。水分補給しっかりしましょうね。
当社ではこの時期はなるべく残業せずに帰るようにしております。大半の整備工場がそうですが、ほぼ屋外で作業しているようなもんですからね、この時期は消耗が半端じゃないです。

残業する位ならさっと帰って明日の為にしっかり休んでもらった方が効率も上がるってもんですから。

業務の方は例年通りエアコン修理のご依頼を沢山いただいております。
コンプレッサ不良、ガス漏れ、その他センサー類不良等々原因はさまざま。修理内容関係なくエアコンフィルターも点検するのですがとんでもなく汚い車が多いですよ。
詰まりが原因で風量低下→効きが甘い感じがするというのも意外とあります。

前回の記事の様に交換をオススメですね。

それともう一つオススメ。こちらです。
ワコーズ パワーエアコンプラス

WAKO'S(ワコーズ) パワーエアコン プラス A052 [HTRC 2.1]



様はコンプレッサーオイル用の添加剤ですが非常に売れてます!
効果としては
冷房能力のアップ
コンプレッサーの作動音の軽減
パワーリスの低減による燃費改善
etc…
とうたわれています。


オープン価格ですが、店舗の実売価格で工賃込5000円〜というところが多いでしょうか。
安い価格ではないですが、当社で実際に使わせて頂いてるお客様からもご好評いただいてますので多くの方に効果が期待できるんじゃないでしょうか。

当たり前ですがエアコン関連に不具合が無い前提ですので、明らかなガス漏れなどがある場合には修理してからご使用ください。
posted by セイビシ at 18:53| アイテム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

エアコン修理

梅雨入りし蒸し暑くなるいやな感じの季節ですね。

このくらいの時期になると毎年エアコン修理が増えてきます。ダントツで多いのはガス漏れによる効きの悪化です、次いでコンデンサーファン不良、コンプレッサー不良というところでしょうか。
修理の事例自体はググればいくらでも出てきますが、あまりDIYで直す人っていうのは聞きませんね。

エアコン関係で手軽でオススメなのがエアコンフィルターの交換。最近は乗用車タイプであれば軽自動車でもついてますね。
特に12ヶ月点検をしてないアナタ!埃の多い地域のアナタ!
1回目の車検まで2~3年無交換だとエライことになってますよ!

新旧比較
エアコンフィルタ1.JPG

旧品拡大
エアコンフィルタ2.JPG

こうなると風量の低下を招きます。それ以前に塵や埃、カビなどがビッシリついたフィルターを通った空気を吸ってるわけですから、気持ちのいいものではないですよね…
部品代的には安い物だと\1000位からあり、交換自体もグローブボックスを外すだけの車が多いのでちょっと見てみてはいかがでしょうか?

リーズナブルエアコンフィルタはコチラ


私のおすすめはデンソー製のコイツです。

posted by セイビシ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。